<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

京都 聴竹居訪問

以前、アップしたことがあるかもしれませんが
違う観点から見返してみたら、また面白く思ったことがありました

自分自身も、建物への感じ方の変化を感じますし
新しいことにも気づいたりしました

日本の歴史においては作り付けの家具で勉強机というのは
珍しいのではないかと思いますが
家具を埋め込んだような子供の学習机は
小さくて、かわいらしいサイズ感でした
お部屋も寝室とは別になっていて、居間の近くに3,4畳ほどのスペース
があって、そこから外のかえでや桜の咲くお庭を臨める窓を境に
二つの机が左右対称に配置されていました
よく見ると、この左右の机のサイズは微妙に違っていて窓などの取り合いに
あわせてありました。
この柔軟な発想が無理がなくてお部屋の雰囲気を損なわない設えでした

a0327716_15565661.jpg




a0327716_15565632.jpg


これは、システムキッチンの前身ともいえる台所の家具です
吊収納の奥行きも現在のものと、あまり変らないのではないでしょうか。
システムのものより、かわいらしさを感じるサイズ感のような気がします。
高さかな?

a0327716_15565606.jpg

左奥に見える暗いところは、向こうにダイニングがあって
そこからサービスできるという窓!
扉は、すべて収納でした。
使用人のいる生活だったようなので、このあたりは一般家庭とは
違いますが、スマートにサービスを行えるように配慮しあって
暮らしぶりが伺えます

a0327716_15565743.jpg

居間部分から少し奥まったダイニングスペースからは
窓から外の景色が見えてゆったりと食事する雰囲気になっていました
区切らず、緩やかに繋がっているところは、居間の生活スタイルに通じます

a0327716_15565799.jpg


造りつけられている家具
置いてあるみたい。
壁も古く、時間がたつとともに色は変化しているけれど
汚いというイメージではないです

a0327716_15565759.jpg

a0327716_15565760.jpg


ここは、玄関からすぐのところにある応接スペースで
お客様をお待たせする場所ということで
目に触れる場所は、訪問者を楽しませてくれるものでした
飾り棚のある壁や、作り付けのソファ
明るくて大きな窓
明けるときも、格子のずれが模様になるように洒落がきいています

こうして歴史と由緒のある建物をみると、よく考えられていて
光や風を季節を通してうまく取り入れていました
現在のように、設備や性能を追い求めなくとも
豊かに暮らせるすべはあると思います

逆に、設備や性能に縛られすぎて、何か大切なものを無くしてしまわない様に
気をつけないといけません


[PR]
by ista-tmy | 2014-08-26 09:22 | 工事・家づくり

開口部と部屋のヘソとなる場所2

みなさん、家具やインテリアは好きですか?

好きだけどセンスないので・・・謙遜される方も多いです。
でも、自分の好みに合わせて、ディスプレイを楽しんだり
家具選びに悩んだり
おうちを建てるとなると、頭がいっぱいになりますよね

イシハラスタイルでは、おうちのプランは暮らし方のご提案だと
考えているので、居間で、食堂で、台所で、文机で、子供部屋で
ふと居心地の良さを感じられる暮らしができたらよいなと考えたとき

手に触れるもの、目に触れるもの、肌で感じるものは
年月を経てぬくもりが伝わってくるものがよいと思います

先日、お客様とお話をしているとき
「キッチンに立ったとき、お庭の木は見えますか?」
と聞かれました。
プランをしているときから、台所に立つ奥様を想像したとき
ダイニングから広がる広い窓、デッキにそそがれる光や風
緑の木々、子供たちを見守るお母さんの絵が目に浮かぶようでした。
微笑ましい家族の暮らしがそこにあるような気がして
なんとか、この夢を現実のものになるといいなぁと
感じました。

なんて、くさいけど、本当の話(笑)
[PR]
by ista-tmy | 2014-08-25 17:37 | 独り言

開口部と部屋のヘソとなる場所

少し前になるのですが、名建築をめぐる旅へお誘いいただき
軽井沢へ行ってまいりました
仕事とはいえ楽しい企画で、どこへ行く旅行より楽しかったりする(笑) 

軽井沢で、しかもセカンドハウスという一般市民には馴染みの浅い
規格なのですが、だからこそ、建物の本質が見えるというものかもしれません

プライバシーさへ確保できれば、一般の住居としてこれほどのものはなく
大いに感性を刺激されるものなのです

建築ウォッチングって何をみるんだ?って思われるかもしれませんが
世の中二つと同じ条件が存在しない以上、同じ建物が存在するはずもなく

どれほどの偉大な建築家であっても
毎回、必ず悩み、苦しみ、想像して、生み出されたものを
こうして見せていただけるチャンスをいただけたということなんです

しかも、お施主様のご好意がなければ、こうしてお邪魔することも
できませんし、お知らせすることも叶わないことも多いわけで

想いをもった方たちが、自分の身を削っていただける機会なのです

いったい何の話かというと・・・

a0327716_15565777.jpg
設計:益子義弘先生

建物はもちろんすばらしいのですが、外の景色がたまらない!
大きなかえでは、もともと植わっていて、見事な枝ぶりで秋の紅葉は
それは美しいのだそうです。

景色を眺めながら、読書をしたりお茶を飲んだりするのに
一番、心地よい場所が、写真でマダムたちがいらっしゃるところです。
人って、自然とここちよい場所を選び、座るものだと

そして、建築側は、それを予測し、場所を造ることが醍醐味なんでしょうね

機能とか、温熱なども大事なのですが、それは一番ではない気がします

a0327716_15565883.jpg


カウンターの向こうは切り取られた景色の緑が美しい

ここは、もともと保養施設として設計されたので、決まった条件がないものの
ふとしたとき、外の景色を楽しむという、非日常の癒しを与えてくれます。

住宅に置き換えてみても、

一生暮す家こそ、

風や光 緑や土 外で遊ぶ子供たちの声を
家の中に取り込めるような、家づくりをしたいですね



[PR]
by ista-tmy | 2014-08-25 13:00 | 工事・家づくり

西尾市の工務店スタッフ


by ista-tmy
プロフィールを見る
画像一覧